2003年 8月の日記

|HOME|

NO.188          

DATE.8/25(月)


学校のプール監視当番の日・・・

先週とは うって変わって曇り空・・・

う〜ん なんという 監視日和・・・(^^)

それでも、夏休み最後のプール日ということもあって、たくさんの子どもが来てた

子ども達の様子を見て・・・

なんと無邪気でええなぁ〜〜

子ども達の笑顔見て、ほんわかした気分になりやした・・・


NO.187          

DATE.8/24(日)


天満神社のお祭りで、和太鼓のステージがあるっちゅ〜ので、行ってきましたばぃ!(^^)

和太鼓教室の時に教えてくださった先生もいらっしゃって、

「せんせぇ〜〜〜〜〜〜〜い! ブンブン ヾヾ(^-^) 」 って、手を振りまくり・・・

”みんなで和太鼓をたたこう”のコーナーでは、お子達、Myバチ持参で叩きました

夜8時から始まった和太鼓のステージは、3団体合同の公演で、

それは・・それは・・・と〜〜っても素晴らしい演奏じゃった・・・

すっごい迫力で、内臓・・・・破裂するかと思ったよ・・・

あまりの力強い演奏で、バチが縦半分に割れるハプニングもあった

演奏が終わったのが10時過ぎ・・・

自宅に戻ったら、じぃじ、ばぁばが「なんとまぁ〜遅いのぅ〜〜」と、心配しておったが、

こっちゃ、和太鼓の余韻が残って、気分とってもハイ! イエイ♪o(^O^*=*^O^)oイエイ♪

「あんなんで、こんなんで・・・・」って、喋り過ぎぃ〜

来年も絶対行こうね・・・家族で約束しやした・・・(^^)

 
NO.186          

DATE.8/23(土)


とっても、とっても o(^^o)(o^^)o ルンルン〜〜〜〜〜♪

妹夫婦、σ(^0^)の父親とσ(^0^)の家族でドライブに出掛けたんじゃけど、

妹の旦那さんの仕事がら、お休みが合わなくって・・・・今日初めて みんなとお出掛けできたのじゃ〜〜〜

しかも・・・山登りになるとは・・・・(o゚▽゚)oニパッ

目指したのは、島根県の匹見町。

匹見町には、表匹見峡、裏匹見峡、奥匹見峡・・・って、あんじゃけど

広島県から出て、すぐの奥匹見峡に行ってみたよ。

ここで時間食ってしまって、結局 奥匹見峡だけになってしまったんじゃけどね・・・

<ク>マークは、画像をクリックすると大きくご覧になれます


広島から来た方向からは、この看板が裏になり、通りすぎてしまった・・・Uターン この看板も見落とした・・・・
山に「三の滝」の看板
判りづらい・・・
滝目的で寄ったのはいいが、本格的な登山になりそな気配・・・
(o゚▽゚)oニパッ
見所の滝が、1.1q先で30〜40分。とりあえず、行ってみることに・・・( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤリ  <ク>
すっすめぇぇ〜〜〜♪┏( ^^)┛ 橋からの風景  <ク> やっぱり、登山してる・・・
(*^m^*) イヒッ♪  <ク>
岩の苔も美しい・・・  <ク>
「魚切」という名の滝  <ク> 登ってて汗はかくけど、とっても涼しい 「桂滝」  <ク> 丸太を渡る・・・
大龍頭「鹿の背」に到着。ここまで、岩を登るって感じ・・・雨の後は、苔が湿ってツルツル滑ると思う 落差53メートルの大龍頭  <ク> 水しぶきをあげる大龍頭  <ク> 滝壷辺り・・・・何に見える?
ライオン?モアイ像?  <ク>
ちれぃな色〜。
???
上から眺める夫婦滝。下から見損ねた (ノω・、) アゥ・・・  <ク> 滝の上に立つと、一緒に流されてしまいそうで、足がすくむ・・・ ひん曲がっちまってる木
沢をまたげない子ども達は、父さんに抱っこしてもらって・・・ 通りにくい場所が少しある 進路から外れてるあの岩の向こうには、実は、すごい滝がある。父と2人で、岩にしがみ付いて見に行った。落ちたら、即死・・・片手で撮ったが、残念ながらブレて却下  <ク> 小さぃんから、大きぃんまで、たくさんの滝がある。素晴らしい  <ク>
クワガタ発見!
しかし、弱っているので逃がしてやることに・・・
匹見峡の帰り道、温井ダムに立ち寄った。広島県山県郡加計町 <ク> 「子どもを抱っこして、下を見せないで下さい。」と張り紙があった。足のすくむ高さ・・・ アーチ式のダムとしては、黒部ダムについで、全国で二番目の高さ
(156m)を誇るそうである・・・

ここの匹見町・・・

吉和を通って入る道は、何年か前の土砂崩れで、通行不可能だそうですやんす・・・

どうもこうもならん状態で、復旧の見込みはないそうな・・・

匹見観光協会からの情報・・・


NO.185          

DATE.8/20(水)


 今日は、ちぃ〜とσ(^0^)の体調が良いもんで・・・

 近くのマリーナへ遊びに行ってきやした・・・・

 しかし、よお考えて出掛ければよかった・・・

 こんな暑い日の・・・しかも午後の2時から・・・

 (~Q~;)あぢぃ〜のなんのって・・・

 遊泳禁止承知の上でのチャプチャプでやんす

 海を見るつもりが・・・ついつい・・・

ジャポン!と、入っちゃったのよぉ〜〜・・・のつもりなんですが・・・

坊ちゃんには、家をでる前から 海水パンツをはかせてました (^^ゞ

そいえば・・・

背広を着たおっちゃん3人組が、海を眺めにやって来とったよ

海に背広・・・?

単なる息抜きか・・・

さぼり中か・・・

それとも、何かの調査団か・・・

はたまた、どこかのスパイか・・・

何者かと 想像かきたてる・・・

15分位 海を眺めた後、帰ってった

海に背広 着て来ちゃ 

悪いわけじゃないんじゃけどね・・・

見てるだけで暑苦しぃ・・・(~Q~;)

今日は、天気良かったんで、宮島も遠くの山々もよく見えて綺麗でした(^^)


NO.184          

DATE.8/16(土)


かんすいが手に入ったんでね、ラーメン作りに挑みましたばぃ・・・・

ってな訳で・・・・『手打ち麺の作り方講座』\(^O^)/

《材料》

 小麦粉(中力粉)  1kg    冷たい水     400cc

 塩          20g    卵(卵黄だけ)   L3個

 かんすい      20g    コンスターチ   打ち粉

    
材料準備OK!!
よぉ〜い、始め!  ⇒
半分の水(200cc)に、塩を入れます    ⇒ 溶けるまで、よくかき混ぜま〜す      ⇒続いて、かんすいをぶっ込みま〜す     ⇒ よく混ぜてね。ピッピッ散らさんよおに〜

完全に溶けたら、残りの水200ccを加えます⇒ 卵を、上手に卵黄だけにしましょ〜      ⇒ 卵黄を 混ぜ混ぜ〜 ⇒ かんすい液の中に少しずつ加えます    ⇒ ムラの無いように、ゆっくりねぇ〜

父ちゃん&坊ちゃん組、母ちゃん&姉ちゃん組に分かれて作っておりますぅ〜       ⇒ ボールに入れた小麦粉に、まんべんなくいきわたるように、かんすい液を流し込みます   ⇒ では、お手手をこのように、熊手の様にしましょ。
             ⇒
さぁ、その手を突っ込んで、すくう様に・・・すくう様に・・・・       ⇒ この時、まだこねてはいけません。手をくしの様にして馴染ませます。

こんな風に、しっとりとまとまったら、こね始めます(分量通りだと かなり固いので、水を加えて調整しました)     ⇒ みんなで分担してコネコネ♪ 体も部屋も 粉だらけぇ〜      ⇒ 外側の生地を、中央に巻き込むようにしてヘソを作ります。ヘソが無くなるまで巻き込みます(これを2回する)  ⇒ コンスターチをまぶしてビニール袋に入れ、冷蔵庫で1時間寝かします。(-_-).。oOO ぐぅ〜
           ⇒
※番外編※ 不要な白身が、勿体ないので焼きメレンゲをば・・・・・・・( ̄〜 ̄) 旨い!

(-.-)Zzz・・・(゚0゚)パチッ!
1時間寝た後、薄くなるまで麺棒で伸ばします 1mm位になるまで。⇒
かなり力が入ります。父さんの汗が、麺にポタポタ落ちてる・・・塩味ばっちりじゃん・・(ーー; ⇒ か弱い女子チームも頑張ります・・・伸ばしては縮んでしまう・・・コンニャロメってな感じ・・・⇒ シルクのような肌触り。お客さん、この反物いかがどす?      ⇒ 麺が伸びたら、細く細く麺を切ります

坊ちゃんも包丁持って麺切り。自分の担当した生地は、自分で・・・⇒ 太さ堂々1位!讃岐うどんに劣らぬ太さ。いや、讃岐うどんより太い・・・幅1.5cm 厚さ5mm。姉ちゃん麺 頑張ったで賞!細切り、太切り混在。粉の振り過ぎで、麺も坊ちゃんも真っ白けっけ。坊ちゃん麺 細さ1位!一番中華麺らしい・・・が、汗塩、混。幅2mm 厚さ2mm。父さん麺 長さ1位!長さ91p。 w('o')w オオー!!見事なうどん!と褒められた。喜んでええのか?母さん麺

粉との格闘の末・・・晩ご飯には、美味しいラーメンを食べることが出来ました。

しかし・・・・部屋中、粉だらけぇ〜・・・
掃除が大変じゃわぃ
チャンチャン♪(^^)v
太さが違うため、一緒に茹でられません。こちら、超コシ有り極太麺 ラーメン!
いっちょあがり〜♪
ズルズルゥ〜〜〜
太い麺ほどコシを感じる
みんなで食べあいこ。ラーメンもうどん(?)も、美味しい・・・(^^)


NO.183          

DATE.8/12(火)


今日は、お子達の和太鼓教室の最終日。

でもって、練習成果を発表するミニコンサートが行われやした。

コンサート時刻には、じぃじ、ばぁば、父さんも見に来たっちゃ

子ども達は、観客を目の前にして、舞台に立つんを 緊張しとったけども

すごく楽しそうに太鼓叩きよったよ

とてもすばらしかった (^^)// パチパチ

コンサートのプログラムの中に、「みんなで太鼓を叩こう」っちゅうのがあってね

(^m^)イヒッ!

うちも叩かしてもろうたよぉぉ〜〜\(^O^)/

家のダンボール箱太鼓と違うて、ほんまもんの太鼓でぃ!

自分が叩いた音が、ボス♪ボス♪じゃのうて、ドン♪ドン♪と鳴るんが嬉しぃぃー!

今度、天満町のお祭りで、今回習った曲をするそうで

「Myバチ持って来て、『自分のバチがありやすから・・・・』って、

いきなり叩いたら、かっこええでぇぇ〜〜〜!即戦力として叩けます。」

っちゅうんで、遊びに行こうと思ってます

ほいで、「太鼓サークルの練習にも、是非、遊びに来てください。」と、

何度も言ってくださったんで・・・・

( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤリ・・・

ほんまに遊びに行くでぃ・・・・


 
NO.182          

DATE.8/10(日)


お家の部屋をアースレッドで 虫退治してる間に、やって来たのはここ。

佐伯郡佐伯町の大峯山。

広島市近郊にある1,000m級のやまやまでやんす・・・・

登山口に着いたのが、正午過ぎで、遅い出発となってしまいました。

<ク>マークのある画像は、クリックすると大きくご覧になれます。

登山記録ノートに記帳して
「いざいざ〜〜!」
しばらくアスファルトが続きます。
早くも、ここでだらけてる・・・
<ク>杉林の中に入ります。
山道らしくなると急に元気なる!

登り始めてすぐに下山している人達とすれ違って、「1時間くらいかかるじゃろ〜ね〜。」って教えてくれた。

てっきり1時間で、頂上に着くものじゃと思いよったけども、1時間どころじゃいぃぃぃぃ〜〜

あの方達は、かなりのハイペースで登ったのじゃと思います・・・

マイペース、マイペース・・・ 道をふさぐ倒木をくぐって・・・ こちらは、またいで・・・

虫嫌いの姉ちゃんは、わざわざ虫を見つけるように、下ばかり凝視して歩きます・・・

「恐いぃぃぃ〜〜!」

虫が出て来ない内から、怯えてん・・・・

これが、歩行ペースを落としてる原因・・・・(ーー;

「下ばっかり見んと、上向いて歩きんさぁ〜い! 景色見ながら歩かんと損、損〜〜!」

でも、最初から最後まで息を乱さす登るのは、この姉ちゃんです

本人は、苦しいよ。と言うけども、「ハァハァ」 と、息切れるのを 未だ見たことない・・・

<ク>木々の緑が、
心を休めてくれます
色鮮やかなキノコ・・・
綺麗なキノコにゃ毒が有る・・
こちら、えび煎餅のようなキノコ
かじりたくなる・・・( ̄ρ ̄)

子たち達に無理のないようにと、子どもに合わせて、度々 休憩を取ってる

といっても、この度々の休憩が、親のσ(^0^)達にも丁度ええ・・・

息切れそうな頃に、「休みたいぃ〜〜!」と、言うてくれるのじゃ(^^)

おかげで、ゼロゼロ、ハァハァ・・・・・見苦しい・・・・・いや・・・・・・ギブアップすることは・・・・・・ない!

丸太の階段が延々と続く
結構、きつい・・・・
笹が一面・・・ この札を信じて・・・
もうひと踏ん張り。L(・o・)」

整備されてる登山道じゃけども、延々と続く丸太の階段って 意外ときつい・・・

途中で、休憩を取ろうとすると、待ってました!とばかりに、プ〜ンと蚊が寄って来る

「今、止まるなよ〜〜〜〜!蚊が来るでぇぇぇ〜〜〜〜!」

蚊から逃げるように、必死に階段登るけども、階段続きじゃペースダウンしてくる

すぐ蚊に追いつかれてしまいやす・・・

チクリ! 

登山者らしくない格好の、タンクトップ着てる σ(^0^)と坊ちゃん・・・

活きのいい血を匂わせて、食われて当然・・・・

<ク>「着いたぁぁぁぁぁ〜!」・・・のは、頂上のちょっと下の切り立った岩場。南側の景色。
たくさんの山々を見下ろす気分は、最高ーーー!!\(^O^)/

2時半過ぎにやっとこさ、着きました

まずは、恒例の大声大会とくらぁ・・・・

1番目、父さん (ノ^ο^)ノ 「やっほぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーーーー!!」

2番目、坊ちゃん (ノ^ο^)ノ 「やっほぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーー!!」

3番目、姉ちゃん (ノ^ο^)ノ 「やっほぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーー!!」

4番目、母さん (ノ^ο^)ノ 「やっほぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーーーーー!!」

「誰が一番ね?」

「やっぱ、母さんじゃろ・・・」

母ちゃん、1等賞・・・・・v(。・・。)イエイ♪

<ク>本当のてっぺんは、こちら
<ク>頂上は、360℃の眺望で、
最高らしい・・・
景色を写生中の姉ちゃん

てっぺんが360℃の最高の景色じゃとの情報を得て、どうしても見たくて、岩をよじ登ってたあたし・・・

「止めとけぇぇぇー!」って、父さんに止められてしもうたばぃ・・・

「登ったはいいが、下りれんなったらどうする・・・」

( ̄~ ̄;)ウーン・・・・

1人消えて、3人で下山する姿を想像・・・( ̄▽ ̄;)。o0○ポアン

目の前の大パノラマを、渋々・・・諦めたっちゃ・・・

残念。。。。。o(≧ヘ≦o) クゥ・・

<ク>オニヤンマ
間近を何度も飛行してくれた
<ク>只今、H中・・・Y 後ろを向いて、下山中・・・
こうすると足が楽チンなのを発見

下山途中に、見つけたチョウチョ・・・

坊ちゃんが、触ろうと手を伸ばした時、

「 ; ̄o ̄)ノ彡 オイオイ・・・今、せっかく・・・・・・・・・・ホニャラララ・・・」

父さんが、たしなめました

坊ちゃんは、何のことだか・・・????(-"-)????


下山し始めたのが、3時半前だったんで、ハイペースで降りたいところじゃが

地面が、数日前の台風の雨で湿ってたんと、粘土つちのところがあって、ズルッ!と滑りやすい・・・

用心深くソロソロと下りてたけども、

相変わらず、坊ちゃんは、ピョンピョン下りて行く・・・・

案の定・・・頭から つんのめって・・・・・・キャッチ!

寸前のところで、止まりました・・・(〃´o`)=3 ほっ

車に到着したのは、4時40分。

登山記録ノートに、「たくさん、いい汗かきました。最高の眺めでしたぁー!」と、

無事下山できたことを記帳しました。

「子ども達も頑張ったよぉーー!」っていうのも、付け加えて・・・・


ほんと、よお歩いた・・・(^^)


NO.181          

DATE.8/9(土)


気が付けば、夏休み半分過ぎとる・・・

子ども達は、夏休み入って子ども会行事があったり、和太鼓習ったり、

短期スイミングに通ったり、学校プールに行ったりと前半を楽しく過ごしました・・・

今日は、隣の公園で町内会の盆踊り。

Myバチ持参で・・・
「そ〜れ!」 ドコドン♪
仲良しのYちゃんと・・Y カキ氷食べる時も
イチャイチャY

太鼓があるって言うんで、今、習っとる和太鼓を披露する為に張り切ってたでやんす

Myバチ持参で・・・

浴衣姿でドンドン♪ 姉ちゃん、なかなか様になっとるっしょ?(^^)↑

しかぁぁ〜〜〜〜し!

披露したのは、姉ちゃんだけで、坊ちゃんはというと・・・

毎日のように一緒に遊んでるYちゃんに 始終くっついていったっちゃ。。。(ーー;

いつも、やんちゃなYちゃんも浴衣着て、髪をアップにして・・・・

んんんん・・・・・σ(^_^;)より色っぽい・・・

踊りも太鼓も「そっちのけ」で、Yちゃん、Yちゃん、Yちゃん・・・

あまりの仲の良さに、なんだか羨ましぃぃぃぃぃ〜〜〜( ̄ρ ̄)


明日は、急きょ、お山登りすることになりんした・・・v(。・・。)イエイ♪

σ(^_^;)が ネコノミを 家に持ち込んでしもうたっちゃ。。。

もう・・・悲惨・・・・σ(-_-;)の足・・・

全ての部屋を駆除剤使うんで、家に居れん・・・ってな訳です・・・

山登りルンルン♪気分と、気の狂いそうな痒さ、どぉ〜にかしてくれぃの気分と・・・

んん〜〜〜、やっぱ・・・・山登りルンルン♪気分の方が大きいかな・・・(^^)v