2004 10月


NO.249          

DATE.10/24(日)

今日は、ちょっと遠くのお山へ登るはずが・・・・

あたいの10時起きのお寝坊のせいで、いつものお山になってしまいやした。

「そろそろ起きんと!」

朝、旦那が起こしらしいんじゃけどね、

「明日の役員会で、くたばりそう・・・・(-_ゞ ムニャムニャ」

そうあたいが言って、お山を断わったそうな・・・・で、また(-_-).。oOO ぐぅぐぅ・。・。・。



んなこと覚えとらんがな・・・・



朝ご飯の仕度して、顔洗って化粧して(化けて・・・!?)山支度して、AM11:30

遠くへ登りに行くには、とっても遅い時間。

んな訳で、近場の鈴ヶ峯に足慣らし・・・・ということに相成りました。

TV漫画「NARUTO」にハマリ中・・・
忍者のポーズで気合を入れて、
いざ出発だってばよっ!
アキノキリンソウ・・・・でいいの?
<画像クリックで拡大>
イヌホウズキ
<画像クリックで拡大>

な〜に?
<画像クリックで拡大>
キツネノマゴ
<画像クリックで拡大>
イヌタデ
<画像クリックで拡大>

すっすめぇーー! イヌタデの群集

アケボノソウ
先月登った吾妻山で見ることが出来たアケボノソウに出会えて感激!
<画像クリックで拡大>
何でしょ〜???
<画像クリックで拡大>
坊ちゃん、いつものようにお姉ちゃんの手を取りエスコート。山登りになるといつも泣き虫の坊ちゃんが逞しく見える・・・・

山登り始めた最初のお山が、ここの鈴ヶ峯でした。息切れて上った階段も今では、ヘッチャラ♪ ツリガネニンジン
<画像クリックで拡大>
お天気が今一つだが、眺めはいいー
<画像クリックで拡大>

・・・・・・・わかんない
<画像クリックで拡大>
「こっちの道だよね?」
すっかり道も覚えてます。後300m
頂上は、賑わっていました。
我家の4名入れて、総勢27名

頂上へ到着したものの・・・・・母ちゃん、歩き足らん物足りませぬ。

んな訳で、姉ちゃんと西峰の方まで足を延ばしました。坊ちゃんと父さんは東峰でお留守番です。 ママコナ
<画像クリックで拡大>
後ろを振り返ります。
途中、すれ違った人達が登ってるのが見えます。

サンインヒキオコシ?
<画像クリックで拡大>
ジョロウグモ発見!
でかいんだなぁ〜この蜘蛛
坊ちゃん居ないと、姉ちゃん一人でスタコラサッサ。

西峰到着、ばんざ〜い!
休憩も取らず、すぐさま引き返します
(何故かしら3時までに、自宅に戻りたいと坊ちゃんが。。。。)
お留守番の父さん、坊ちゃん。
待ちくたびれてました。この頃になって、青空が広がりよいお天気に。
「ぼくは走って降りたい!」
すごい勢いで走って下る坊ちゃん。
駆け出すと止まらない、
こらぁ〜待て〜〜〜〜ぃ!

行きはウグイスコース
帰りは、ヒヨドリコース
ヨメナ<画像クリックで拡大> 「早く〜」車のキー持ちの父さん、姉ちゃん待ち。坊ちゃんが急いで山を下った訳がわかりました。うん○に、行きたかったそうなのである・・・^^;

パシャパシャとお花の写真を撮ったはいいが、お花の名前がわっかりませぇ〜〜ん

Masterさんご夫妻が居ないことには、だめだな・・・・・こりゃ。

どなたか知ってたら教えてくださいまし。。。。






NO.248          

DATE.10/1(金)

ご近所で親しくしていた人がお亡くなりになり、今日葬儀に参列したとこです

やまやま家とは、昔から長いお付き合いがあり、昔話をじぃじばぁばから聞いたこともありました

やまやま家にとっては、大事な近隣の方です

亡くなられた方は、55歳の女性の方。

その方のお子様は、まだ独身でやっと就職が決まり楽させてやることが出来ると思ったのに・・・と

悔やんでおられましたが、その悲しみは、口で説明するよりももっと辛いことだと思います



葬儀に参列して、私の母のことが被りました。

50歳にして逝ってしまった母。

もう時期、13回忌を迎えますが、何年経っても母は、母。

母が恋しく、会いたい・・・と切なくなるときがあります。

後に残ったお子様のことを考えると・・・・可哀相で涙が出てきました



今日は、そんな風に考えてたあたしですが・・・

つい此間までは、死ぬことばかり考えてました

自分が何のために生きてるのか、自分の価値が判らなくなってた

大事な命を粗末にしようとしてた。

お山に必死に登り、山から大きな力もらって自分取り戻し・・・

その繰り返しで頑張って来てましたが、途中からね修正効かなくなっちゃたんよね・・・・

こんなこと書いてしまったら、また皆さんに心配かけてしまいそうですが、

今は大丈夫!

早くに逝ってしまった母の分まで人生楽しもうと思う

そう考えるようになりました。

悲しみは薄らいでも、忘れることは無い、今でも母は私の心に居る

見守っててくれてるのが、実感できるほど良く判るから、安心して生きてられることが出来る

それに・・・あたしには、大切な家族もいるしね!

母が亡くなる一週間前、外泊許可取って自宅に帰った時、私くれた本がありました。

手渡してくれたのはある方の詩集、今では大切な形見ですが

「愛がいっぱい」著者中村淳子の一節の中に こんなことが書いてあります。





あなたに 出合ったから 今の私があるのです

あなたが 愛して下さったから 今の私があるのです

あなたに 厳しく導かれて 今の私があるのです

あなたが 許して下さったから 今の私があるのです

あなたが ひたむきだから 今の私があるのです

あなたの 心が美しいから 今の私があるのです

あなたが 助けて下さったから 今の私があるのです

あなたが 支えてくださったから 今の私があるのです

愛をいっぱい ありがとう





人間の中に 不幸を 感謝に 変える 「力」が 誰にでもある がんばれ





太陽に向って生きるのですよ

失敗したことも

辛いことも

苦しいことも

悔しいことも

みんな西に沈んでいく

振り返らないで

太陽に向って

生きて行きなさい。





まだまだ載せたい詩集が、たくさんあるのですが、

はっきり言って、気が滅入ってる時は、この本の存在すら忘れてました

今、本を開いて読んでるってことは、調子良くなった証拠です

この本全てに母の想いがこもっていると思います



自分の人生を振り返って、我が生涯に何かを残す

そんな人生を歩んでみたいと思うようになりました

自分のためにも、愛する人々の為にも

失敗も数多くあるけれど

一生懸命生きたい、生きて行きたい

今、心からそう思います














このページは、インラインフレームのページです。
メニュー画面が出ていない方は、こちらへどうぞ>>>>>HOME