2004 2月


NO.226        

DATE.2/19(木)

今日の一コマ・・・

うちの坊ちゃんが、姉ちゃんを呼ぶ時に、呼び捨てしておりました。


「ありゃ・・・呼び捨ては、いけんよ。お姉ちゃんって呼んばんと。」


(-"- )ん?
「ほいじゃ、お姉ちゃんて呼ばんといけんのなら、僕のこと『弟!』って呼んでちょうだい!」


ムム・・・( ̄Λ ̄;

試しに、姉ちゃんと二人で、『弟!』って呼んでみた。


「ねぇ、弟!ごはん出来たよ〜。」

「弟! これ、はよ片付けんと・・・」
「弟、風呂入る時間じゃ。行くよ、弟。」


とっても、変だ・・・


「何で、お姉ちゃんはお姉ちゃんと呼ばれて、僕は、弟って呼ばれない?

 何故?何故?何故?何故?何故〜〜〜〜〜〜???」


・・・・んで、何故???(笑)

母ちゃん、答えに詰まっちまった・・・


坊ちゃんの方が、一枚うわて、やられましたばぃ・・・

座布団10枚〜〜〜!




NO.225        

DATE.2/14(土)

今日は、降水確率50%という妖しげな天気の中、やまやまの偵察に行ってまいりました。

ママさん友達が、σ(^0^)の回復をずっと待っておってくれてたのじゃ

登ろうよーー♪って、楽しみにしてくれてるん (^^)

だけど、冬の山がどういう状態なんか、ド素人のσ(^_^;)は、何も分からんけんね

次に登るなら・・・と決めてたお山が、雪積もってないことを確認しに・・・・

んで・・・・

どうする???
雪あるよ・・・( ̄∇ ̄; ズボッ・・

来たからには、登っちゃえ・・・で、やんす・・・

今日は、身軽にだんなと二人。

お子達は、車のエンジンかける頃になって、ドタキャンしてしまいよった・・・

口の中の酔い止め薬、どうするんじゃーーーい!!

どうも登る気分じゃないらしぃっす・・・

姉ちゃんは、彼にバレンタインチョコ渡すことで 頭がいっぱいらしいし・・・

坊ちゃんは、今、ゲームがいいところ・・・・なんじゃそうで・・・

「お母さんの大好きな山、楽しんでおいでねぇ〜〜〜(^^)ノ▽”フリフリ」

o( _ _ )oガクーーン

こうやって、親離れが始まってゆくのでしょ〜か・・・

お山ん中は、気持ちがいい〜♪ 今日のだんなの足は、速いです・・・何故に そんなに急ぐ? 登山道の雪は、所々に積もってるだけ。登るには、危険は無さそう。

頂上・・・突風あり。視界悪し。おまけに・・・・雨、ポツポツ・・・<画像クリックで拡大>

ここのお山は、以前・・・・だんなに内緒で、妹と二人で登ったことありますが

ほんとは、バツグンの眺めでありまして・・・・。

だんなは感激しとったけど・・・・んん〜〜 晴れだと もっと感激・・・

頂上の岩場は 台風か?と思うぐらいの強い風で、飛ばされそうじゃったよ

この頂上写真も 後ろからだんなに支えてもらって 撮っておる・・・

こんな天候の中・・・・・・・この際、あっちのお山も登っちゃえ♪

鎖場・・・使うほど急じゃない・・ キレットの底は、何とも言えぬ空間が ここだ、ここだ・・・
滑り台みたいなとこ・・・

あっちの頂上 到着 おぉ〜 商工センターが良く見える。
急いで引き戻さねば、雨が・・・
<画像クリックで拡大>
車に着いた時には、どしゃぶりの雨

途中、だんなの携帯メールがピロロロ・・・

「今日の釣りどうする?」

明日は天気なのに、降水確率50%の「今日じゃなきゃダメ!」と言っただんな・・・

何故か、今日の足取りが速かっただんな・・・

わかりました・・・・・・・夜・釣・り・だ!!


まっ、こうしてσ(^_^)に付き合ってくれたんで ええことにしときましょ。。。

んな訳で、お山から帰宅した後、ルンルン♪と夜釣りへ行ってしまいました。


今日登った窓ヶ山・・・

お子達が学校行ってる間に行って帰ってこれて、眺めがいいと言う条件にピッタンコ・・・

でも、無いと思ってた雪が 駐車場までに所々に・・・・ど〜する〜?




NO.224        

DATE.2/13(金)

「お母さん、あんね・・・・グフフフフ」

学校から帰ってきた姉ちゃん、なんやら嬉しそう・・・

「今日、○○君と一緒に帰ったんよ。グフフフフ」

只今、姉ちゃん恋してる真っ最中でありまして・・・

最初は普通のクラスメイトじゃったのに、

彼の何度も続くラブレターに段々惹かれていってしまいよった・・・

「何て何て?どう言われて 一緒に帰ったん?」

こうなると、興味津々の単なるおばちゃんだす・・・σ(^0^)

「一緒に帰りませんか?と誘われた。グフフフフ」

「へぇ〜。ほいで どうじゃったね?グフフフフ」

いつの間にやら、母ちゃんまで にやけてまう・・・

「すごくね・・・楽しかった♪グフフフフ」

「そかそか・・・ええねぇ〜。姉ちゃん、恋する乙女じゃね・・・グフフフフ」

「グフフフフ(姉ちゃん)」

「グフフフフ(母ちゃん)」

二人でニヤケて 何やってんだ・・・

明日は、彼のお家までバレンタインチョコもって行くそうで・・・

姉ちゃん、ちょっとドキドキしてます。。。


このトキメキ・・・母ちゃんには無いようで・・・

だんなにあげる為に買うてたバレンタインチョコ・・・母ちゃんが食べてしまいました・・・・

だんなの腹回りを気にして、変わりに食べた・・・・こういう理由にしてます。。。(; ̄。 ̄A アセアセ・・・




NO.223        

DATE.2/10(火)

で〜けた♪

リニュしたでごじゃる♪(^^)

たぶん・・・・重たいページじゃと思う・・・

これでも、20kbも減したページがあんのじゃ。。。

時間掛かり過ぎじゃと、だんなに言われちまったよ

自分が ソース判りやすい様にと半角開けてたん かなり容量食ってたらしぃ〜し・・・

タグ省略して画像サイズ書いてなかったんは、表示速度が遅くなる原因らしぃ〜し・・・

画像サイズ書いたと思うたら、全部スペル間違うとったしぃ〜・・・

直す間に、他のタグの間違いボロボロ見っけるしぃーーー

(−−;)これじゃ、おかん・・・やかん・・・・・ん?・・・いかん・・・じゃ。

覚えてない知らんことが いっぱいある・・・

手直し手直しの連続じゃに・・・

うちは、後 何を覚えてない?

ん〜〜〜〜〜〜 自分が分からんのじゃけん わっからんよぉ〜〜




NO.222        

DATE.2/4(水)

鈴が峯頂上より<画像クリックで拡大>

今日は、だんながお休み

「今日は、用があるよ。」と言っとったのに、急に「山登ろうか?」と言い出した。

ヤッター♪o(^O^*=*^O^)oヤッター♪

・・・とは言え、まずは近場で足慣らしね・・・

一応 σ(^_^;)って、病み上がりじゃそうな・・


いつものお山、鈴ヶ峯。

登る時の調子はと言うと・・・・ん〜?(゚_。)?

治療前と 何ら変わらんよ?

登り始めがやねこい、すぐ息切れし出す

ゼロゼロ、ハァ〜ハァ〜、ヨレヨレッと、ちょっとよた坊・・・

ほいで、登れば登るほど絶好調になってくる。

前のまんまじゃがね・・・


道中、白いもんがブワァ〜〜と、舞っとてね

「何じゃ、この綿毛! これ、吸っても大丈夫? これ吸ったら花粉症になる???」

下から上に舞い上がって来るけん、てっきり木々から発生したもんじゃとばかり思うとった

一生懸命、口押さえて吸い込まんようにしとったのよ

ほしたら・・・・・雪じゃった・・・・(^○^;)がはは


頂上はね、周りの木々が伐採されてて、前に登った時より 抜群に眺めが良くなってたよ

解禁後 初の山登り・・・・最高なり♪(^^)v


鈴ヶ峯の後、鬼ヶ城山まで足を延ばそうか・・・っちゅうことになってね

だんなは、まだ行ったことないけん σ(^0^)が案内じゃ。。。

「行っても大丈夫か?無理なら止めとこや。」

やたらと うちの心配して引き返そうとしてっけど、

一度行く気になったら 止めるわけ無いじゃ〜〜〜ん!

すっすめーーー!じゃ。ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┏( ^^)┛ズンズン!


頂上は、突風が吹いてて 暫く居るとブルブルと凍えてしまうけん 長居できんかったけど

どっちの山も気持ち良かったぁ〜(^^)

ホンマ、登れば登るほど絶好調♪

下山時、駆けって下りてたら、後ろから「ちくしょ〜〜〜〜〜!」の声が・・・「ほぇっ?」

振り向いたら、だんながムキになって ついてくるん

右足の関節が痛かったんじゃと。

平気で σ(^0^)が駆けって下りるけん 悔しかったんじゃそうな・・・・(^○^) あはははは


わては、元気じゃーーーーー!!!L(^^)」

唯一咲いていた花 春よ来い♪早く来い♪蕾もみんな膨らんでぇ〜♪










このページは、インラインフレームのページです。
メニュー画面が出ていない方は、こちらへどうぞ>>>>>HOME