今月のあんな〜こと、こんな〜こと



NO.267          

DATE.5/23(火) 

ビリー・ジョエル BILLY JOEL/ビリー・ザ・ヒッツ THE ULTIMATE COLLECTION



今日、注文していたビリー・ジョエルのCDが届きました♪

聴きながらぁ〜日記を書こうとしていますが、

曲に酔いしれてしまって・・・・・・・・・・・・・ダメです。

途中で度々手が止まってしまいます。( ̄  ̄*)ウットリ



ビリー・ジョエルに夢中になったのは、いつからだったでしょう・・・・

高校入試に備えての勉強をしていた中3だったか、

高校入ってから期末試験の勉強していた時か・・・・

クリスマス前の時期に勉強しながらラジオを聴いていて、(ながら族ってやつです)

ビリージョエルの曲に出合ったんが始まりだったってところだけ覚えています。

当時、カセットデッキも持ってなければ、レコードプレーヤーも持ってない、

唯一のラジオで、またビリージョエルの曲が流れることを願いながら、

毎日毎日ラジオを聴いていました。

だから、洋楽に はまりだしたのもこの頃です。

この頃に聴いていた洋楽は、よく耳にしていたこともあって どの曲も大好きです。



自分が働きだして収入を得るようになってから、初めてレコードを買いました。

そりゃ買ったのは、もちろんビリージョエルのレコードです。

やっとビリージョエルの曲が思う存分聴けるぅ〜〜って、

ウキウキ♪しながらアルバム抱えて帰ったんも、よく覚えています。

(後にも先にもレコードを買ったのは、これ一枚っきりなんですけどね・・・

 ・・・・あっ、2枚だ。買ったアルバムは、2枚組のアルバムでした。)



「オネスティ」と「素顔のままで」の曲は、自分でオルゴールMIDIで作ったりしてみたけど、

んーーーやっぱね、ビリージョエルの歌声あっての曲なんですよね。

満足いくものではないですが、オルゴールMIDIの部屋「洋楽」に置いておりますんで、

よければお聴きくださいませね。。。。

ついでに、このMIDIを作った時の楽譜があるんで

「オネスティ」を 自分でピアノで弾けるようになりたぁ〜〜い!で、練習中なんですが、

ひぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜です。

とてもじゃないが、弾けませ〜〜〜ん。(>_<)ゞグスッ

楽譜は読めますが、ピアノ習ったこと無いですし、指が動きませ〜〜〜〜〜〜ん。

それでも、毎日やれば・・・・・・・コツコツの努力が・・・・・いつかは実って・・・・

・・・って、実るんかいな????

まっ、ええです、これで。

めちゃくちゃスローテンポでも・・・・16分音符が全音符の長さになろうと・・・・

自分がビリージョエルもどきになった気分で弾ければ・・・・

自己満足の世界ですから。(*^-^*)



あ・・・・ちょっと話が逸れて来た。

そうでした、レコードとCDの話でした。

最近になって、またビリージョエルの曲が聴きたくなって

ゴソゴソとアルバムを引っ張り出したんですが、レコードを聴ける環境になくて

CDを購入したってわけです。

ん〜〜〜〜〜 いいですぅ〜( ̄  ̄*)ウットリ〜

しっとりした曲、爽快な曲、どの曲もいい。

ビリージョエルのヒット曲が、ギュギュッと詰まったCDなのでーーーす。







NO.266          

DATE.5/15(月) 

先週の土曜日の朝のことです。

居候が しょげ込んで言いました。



「パソコン、壊れたぁ〜〜〜〜」



(◎-◎;)げっ・・・・・まじ???

おまけに、居候ってば、バックアップ取ったことないって・・・・・これまた、まじ????



居候のパソコンが、どうやっても復旧不可能の様子を目の当たりにして、

私、ビビッてしまって・・・・・・・

慌てて自分のパソコンのデーターのバックアップを取りました。

2年前からバックアップ取ってなかったんですよね。

おぉ〜〜、怖い怖い。



居候は、「潔く、諦めも肝心なんかのぅ。」なんて言っておりましたが、

私なら・・・・・・・・・・潔く諦められません!

家族の写真にたくさんの文書、自分で作った家計簿ソフトとそのデーター、

その他のいろんなソフトに、ホームページ関連・・・・・

どれもこれも大事なものばかりで、諦めるなんてとんでもなーい!!

「何でも言うこと聞くから、なんとかしてくれぇぇぇぇ〜〜!」と、居候に泣きつきます!



でも、その居候がどうにもならんのですから・・・・



既に諦めモード居候でしたが、今日、一時の気まぐれでwindowsが立ち上がり、

一生懸命データーを抜き出しておりました。



何時、我が身に降りかかるやもしれません。

こまめにバックアップは取りましょう!







NO.265          

DATE.5/6(土) 

今日は、居候とたわらの結婚記念日でありまして・・・

早や?もう?

丸16年を迎えました。( ̄- ̄)//"パチパチ



坊ちゃんが、「おめでとう!」と言って花束を

姉ちゃんが、「おめでとう!」と言ってケーキを。

お小遣いの中からプレゼントしてくれました。




山あれば谷あり・・・

荒波もあれば穏やかな波もあり・・・

楽あれば苦あり・・・

いい時もあれば、よくない時もあり・・・



人生ええことばかりじゃ ないんですよね。

解ってはいたんですがね・・・辛いモード真っ只中の時は、そう思えないんですよ。

今はね、身近にいるお友達の前向きに頑張ろうとしている姿見て、そう思えるようになりました。



いつまでも今のままの自分じゃ、つまらん。

なんとかしなくっちゃ!

辛いことばかり思ってちゃ、進歩がないぞ!

自分自身にハッパ掛けているところです。



前向きに。前向きに。

がんばれっ!私!






NO.264          

DATE.5/4〜5 

ご近所のお友だちからキャンプのお誘いがあり、岩倉温泉に行ってきました。

このためにテントと寝袋を買い揃えたぐらいですから、家族でキャンプするのは初めてです。

今までに何度もキャンプをしているお友達の仲間に加わらせてもらって嬉しいのと、

初めてのキャンプで、しかも大勢で、どんな風に楽しんだろう・・・・

たわらの小さな胸(比喩表現ではなく真なり!?)は、ワクワクと踊るのでした。

「キャンプデビュー、おめでとう!」

声を掛けてもらえました。(^^)



5家族+1名。
大人11人と子ども11人の参加者で、

賑やかだけども、のんびりとまったりとした時間が流れ、なんとも心地いい空間でした。

今何時?

さぁ〜???

時間なんて全く気にしない。気にもならない。

いつも時間を気にしながらの普段の生活とは、えらい違いです。



みんなとお喋りして、みんなと食事の支度して、みんなと飲んで食べて、

みんなと夜まで過ごして、みんなと朝を迎えて。。。。

大勢のキャンプがこんなに楽しいなんて!

お山の次は、キャンプにも はまっちゃうかも〜〜〜〜。



かつては、インドア派のやまやま家。

アウトドア派に、ちょっとずつ傾きつつあります。

やまやま家に声掛けてくれてくれて、ありがとうね!



たわらの感激、もうイッチョ!

寝袋って、すごい暖かいのね。これ、家出る時、持って出たら、寝るところに困らんよ。







NO.263        

DATE.5/3(水) 

三日前に山に登ってきたばかりですが、また登ってきました。(*^m^*) ムフッ

今日登るのは、広島県大竹市玖波町にある行者山です。

GWで道が混んでいたのに加えて途中で事故があり、車はノロノロ運転。
長い乗車に 坊ちゃん酔ってしまって。。。
ひぃ〜ひぃ〜と声を上げる坊ちゃんの悲鳴を聞きながら、やっと11:00に玖波に到着。
遅いスタートとなりました。

玖波にいる友人宅に車を置かせてもらい、そこからのスタートです。
向かって右側が行者山。
<画像クリックで拡大>
玖波駅前に着きました。11:15
向かって右の方向に進みます。
川本橋を渡って右へ

川沿いに歩いていると、行者山への看板を見つけました。
初めての場所は、看板が頼りです。
民家の脇を通って・・・ とっとっと・・・順調に歩いてますが、実は、この辺りから既に道に迷っています。

「いい眺めだぁ〜」なんて言いながら先に進んでますが、この道も違います。(早よ、気付け〜!) 「ここから山ん中?」「ありゃ?」
「何か変・・・」「ちょっと待ったぁー」
やっと、道の間違いに気付きました。
テクテクテク・・・
引き返している最中です。

「あったあった、この道だ!」
「行者山の看板がある!」
スタートが遅い時間なのに、余計な時間を食ってしまいました。
親切な看板があっても、道に迷う
方向音痴の家族なのです。
石鎚神社 今日の登山の安全を祈願して・・・
「ちょっと、3人きれいに並んでぇー」
「はい、そこで手を合わせるぅ。」
ホムペに載せるため、たわらの頭はこの時から構成に入ってます。
ヤラセですかね?

境内にある藤。
大きな蜂がブンブン飛んでいて、
ここは、そそくさと走り去りました。
<画像クリックで拡大>
建物の右裏側が山道入り口。
標識は、見当たりませんでした。
11:50
後ろを振り向くと、この景色。
今日の空気は澄んでいて、遠くまで見渡せます。時々、後ろを振り返りながらの登山です。
<画像クリックで拡大>

頭上に被さる木がないです。
暑〜〜〜い!(~Q~;)
ツツジ
<画像クリックで拡大>
ツツジ
<画像クリックで拡大>

石鎚神社の鳥居をくぐります。 こんなに大きな岩が現れました。 東の方向を指差す居候。
「ほら見て!向こうの山が見える!」
指差すように指示したのは、たわらです。

大きな岩がゴロゴロとありますが、
そんなに難しくはない。岩場好きの坊ちゃんには、物足らん感じです。
行場入口とあります。
この山は、古くから行者の修験場として知られている山です。
一ノ鎖。19m。
この鎖は、行者以外登ってはいけません。・・・が、ほんとは登ってみたい坊ちゃんとたわらです。
<画像クリックで拡大>

一ノ鎖を過ぎたあたりの景色。瀬戸内の島々が見渡せてとても気持ちがいい〜〜!
<画像クリックで拡大>

二ノ鎖。23m
ここも信者以外登ったらダメ。
<画像クリックで拡大>
「いい眺めだなぁ〜」
シダの芽がニョッキリと顔を出します
まるで、瀬戸内の海を見ている様。
<画像クリックで拡大>
三ノ鎖。50m
ここも信者以外登ったらダメ。
<画像クリックで拡大>

もうお昼を過ぎている・・・
お腹空いたけど、まだまだ歩く。
小休憩も瀬戸内海を見ながら。 石鎚神社の頂上社に到着。
山頂は、もう少しだ。ファイト!

祠の裏に回って、先を行きます。 着いた!12:55
行者山 標高313.5m
三角点タッチ♪。

三角点のある地点から、少し北へ行った場所。経小屋山、笠山、忠四郎山などが見える。 昼食は、もっと眺めの良いところで。
一気に玖波槍まで向かいます。
<画像クリックで拡大>
ズルズルズル・・・・
この光景、どこかで見たなぁ。
窓ガ山だったっけ???

下ります、下ります。
せっかく登ったのに、下って行きます
今度は、上りです。
上って上って、これしきの岩なんて!
はぁ〜〜、疲れた・・・・と、すがったその岩、玖波槍についたのでは?

玖波槍山頂に到着。13:10
標高268m
先程、登った行者山です
<画像クリックで拡大>
やっぱ、このポーズでしょ。
片足、岩に乗せて、腰に手を当てて。
はい、チーズ!!

玖波槍からの眺めは360°。瀬戸内海に浮かぶ島々、広島市内、西中国山地の山が一望できる。
<画像クリックで拡大:景色が自動スクロールします>

素晴らしい展望を堪能しながらの昼食。十分な休憩を取って、いざ下山です。13:45 分れ道。左は、先程通った行者山へ続く道ですが、ここは右の憩の森方面へ向かいます。 ズリズリズリ・・・・
やっぱ、この下り方が一番楽です。

サンキライ。
緑が眩いです。
左は、玖波方面。ここは、右の憩の森へ向かいます。 整備されていて、走りやすいです。
そう、走っちゃいます。広々としていて、とてもなだらかな道。

憩の森の沢に出てきました。
透き通ったとても綺麗な水です。
坊ちゃん、撮影。
<画像クリックで拡大>
沢伝いに下って行きます。 わぉ〜!急に目の前が開けました。
壮大な景色に目を奪われます。
お姉ちゃんの手を引く坊ちゃん。とってもナイトでしょ。
<画像クリックで拡大>

錦龍ノ滝への標識 錦龍ノ滝。落差10m。14:50
<画像クリックで拡大>
さぁ、見所は見たし!後は、戻るために ひたすら歩く〜〜。

でっかい堰堤。
んんん???
あんな所に誰か居る。何してんの?
度胸試しでしょうか。
下から「はよ、飛び込めー!」と、あおっています。恐ろしぃ〜〜!
無事に飛び込む彼を見届けて、歩き始めました。<画像クリックで拡大>

憩の森から友人宅の駐車場まで、まだ1時間掛かりそうです。ここで友人に電話。「下山予定3時頃って言ってたけどね、今、こうこうしかじか・・・で歩きようるところ。まだ捜索願い出さんといてぇ〜や。」 行者山のかなり西側に出てきました この頃から、足に疲れが・・・。
アスファルトの道が、返って足に負担が掛かります。

国道2号線まで出てきました。
後もうちょっと!
着いたぁ〜!15:40
友人が出迎えてくれました。
この友人、別名メダカ取り名人。
「腰を入れて!上からガバッと網を下ろす!一気に引く!」名人の指導の下、わんさかとメダカが取れました。
メダカの学校が開設できそうです。

メダカのいるドブ沿いに、お花や野菜が植えてありました。名は調べてませんが、取り合えずアップ。
<画像クリックで拡大>
<画像クリックで拡大> これは、ねぎ坊主だ
<画像クリックで拡大>

<画像クリックで拡大> <画像クリックで拡大> <画像クリックで拡大>

山の本には、「石鎚神社から頂上社へ登るコースは岩場が多いので、

手を使い、足を滑らさないように慎重に登りましょう。」と書いてあったので、
岩ゴツゴツの山好きの坊ちゃんの為にと、上りをこのコースに選んだのですが、
坊ちゃんにとっては今一のご様子で、
「もっと、ゴツゴツが良かったのに・・・」と申しておりました。


そっか・・・・・今日のは、不満なんだ・・・
フムフム・・・・やっぱ、あそこしか、ないっしょ・・・
随分前から母ちゃんも登りたがってる山・・・・・・三倉岳。
でもまぁ、今の時期は春霞があったりするんで、眺めが最高にいい時期がいいね。
三倉岳は、秋に狙うぞ!












このページは、インラインフレームのページです。
メニュー画面が出ていない方は、こちらへどうぞ>>>>>HOME